火災保険の活用

被災地での経験を生かして

きっかけは平成27年関東・東北豪雨

きっかけは平成27年関東・東北豪雨

平成27年9月、関東・東北豪雨の際に鬼怒川が氾濫し、広範囲にわたり家屋が水没、全半壊が5000棟以上という被害がでました。 被害状況を見極める鑑定士として保険会社より依頼を受け現地に赴きました。
そして住民の方と1対1で話をする中で、1日でも早く安定した生活をと切実に思う気持ちに寄り添いながら手続きを進めるうちに「火災保険をもっと有効的に活用できないか」 「自分に今できることがあるのではないか」と考え、火災保険による屋根の修理の仕方について、正しい知識をひろめる活動を始めました。
そしてその取り組みが、和歌山県の経営革新計画に承認されました。

火災保険を利用して申請することで負担がゼロになる可能性がある

火災保険を利用して申請することで負担がゼロになる可能性がある

例えば築10年を過ぎた家の屋根の破損の多くを火災保険を利用して申請することで、負担がゼロになる可能性があります。火災保険というと火事にならないと保険がおりないと 思っている方がほとんどだと思いますが、風災や雪災での申請もできることを知って欲しいと思います。屋根や雨どいなど経年劣化で傷んでいると思われがちですが、ほとんどは強風や大雪の影響なのです。

また、「修理費用が0円」と謳うセールスもよく見かけますが保険金の振込先を業者の口座に指定されたため、いくら掛かったのか不透明になりタダで直ったような錯覚に陥ることもあるようです。 それを利用して、実際には粗悪な工事をされては多大な損失になります。工事内容などをじっくり見極めることが肝心です。

さまざまな被災地に赴き、現状を目の当たりにしてきました。住民の方々の、被災前の生活を取り戻したい想いは強く「教えてもらえてよかった」と喜ばれています。 未来への希望があるからこそ経済的負担は減らすべきです。

自費で直すならいつでもできますが、まずは保険で直せないか調査してからでも遅くはありません。

建物調査・診断

ドローンを使った調査

ドローンを使った調査

家屋の屋根を細部まで見極める

被災した家屋の屋根を細部まで見極めるための手段もひとつとして、無人航空機操縦技能資格と無人航空機安全運航管理者資格を取得し、ドローンを使った調査も取り入れました。
ドローンを使用することで、安全かつ多角的に破損状況を確認することができ、効率や鑑定の制度も大幅にアップしています。

建物調査・診断でできること

建物調査・診断でできること

お住まいの状況を把握する

建物、設備には耐用年数があります。経年劣化や、外力による破損など、さまざまな原因が積み重なってトラブルが生じます。 建物の状態は一目ではなかなか分かりにくいものです。当店では、経験豊富な担当者が建物をさまざまな角度から調査・診断いたします。 お客様には現状をわかりやすくご説明いたします。

調査の流れ 例)屋根の補修

1無料現地調査の問い合わせと依頼

屋根に異常を感じたらすぐにお電話かメールにてご連絡ください。折り返し、担当者よりご連絡させて頂きます。
ご自宅が築10年以上であれば特に無料調査をオススメします。

2調査日時についての打ち合わせ

調査日について打ちあわせをさせてください。この時、何かご要望や気になる点などがありましたらお気軽にお伝えください。
なお、調査当日にはお客様の立ち会いをお願いしておりますのでご協力をお願いします。

3現地調査と申請書類の作成

火災保険の申請が可能かどうか屋根の現地調査を実施します。
可能なようであれば破損箇所を撮影し、保険金の申請書を作成します。
伏せてお客様に診断結果をご報告し、必要な補修に関して見積り書を作成いたします。

4火災保険会社への申請手続き

保険会社指定の用紙が必要な場合は担当者がアドバイスしますので、保険会社に請求してください。
書類への記入や作成は当社が代行し、保険金の申請を行います。

申請書送付後、保険会社から確認の連絡が届き、申請書の受理となります。

5火災保険会社の確認と鑑定

保険会社で申請内容を確認するため、鑑定会社に損傷箇所の鑑定を依頼します。
改めて鑑定会社と現地調査の日時について打ち合わせをしてください。

当日は当社の担当者も立ち会い、申請内容の説明を行います。

6保険金のお支払い

申請書の内容と現地の鑑定結果を基に保険金額が決定されます。その後、保険会社よりお客様の口座へ保険金が振り込まれます。
ほとんどのケースで保険金で修理できますのでお客様の金銭的な負担はありません。

7工事について打ち合わせ

工事日や内容について打ち合わせを行います。

万が一申請した金額よりも査定が低かった場合は、支払われた保険金額に応じて工事内容の修正を検討していただくことが可能です。

8補修工事の実施

ほとんどの保険契約者が保険金のみ(自己負担なし)で修復工事を行っています。
例え小さな破損でも、承認されれば自費で直す必要はないのです。

もし屋根が気になる場合はお気軽にご相談ください。